香りで気を巡らそう

宇都宮市で女性の健康をナビゲートする鍼灸マッサージ治療院 まんまる堂です。
生理不順 ・ 生理痛 ・ 不妊 ・ 妊活 ・ 妊娠期 ・ 産後 ・ 更年期以降をサポートします。

ここ数日、梅雨真っ只中といった湿っぽい日が続いていますね。

以前も書きましたが、東洋医学ではこの時期は湿気が身体に悪影響を及ぼす時期です。
消化器系の調子が悪くなったり、身体に重だるさを感じたり、脚がむくんだり・・・。

これらは水気のある重い「湿邪」が身体に入り、気の回りが悪くなることで生じます。

養生法としていろいろなものが考えられますが、
今日は「香りで気を巡らす」ことについて書きますね。

東洋医学では気が滞る(気滞)と、血や津液(体の中の水分)も滞ると考えています。
なので、湿邪が身体が気滞が生じると、身体のあちこちでなにか詰まったような感じが
出てきたりします。喉のつかえ感などもその一つと考えられます。

脹痛(脹痛)と言われる、なんだか張ったような痛みも特徴的な症状としてあげられます。

この気滞の対策として「理気」の作用のあるものを摂ると良いと言われています。

「理気」=気の回りを良くする作用という意味です。

理気作用の高いものに「香りの高いもの」があります。

手軽に取れる形としてハーブティなどがいいかなと思います。

  • ミントティー
  • ローズティー
  • ラベンダーティー

この辺でしたら、比較的手に入りやいですよね。

 

ほかに柑橘系も理気作用が高いと考えられています。
漢方でいうと「陳皮」(みかんの皮)なんかもこの作用があると考えられています。
陳皮

湿邪は、胃腸系にも悪影響を及ぼすのですが、陳皮は消化器系を助ける働きもあるので
この時期にはもってこいですね。

 

他に、香りの強い野菜としてたまねぎやピーマンあたりも理気作用があるとされています。

 

今回は「香りが高いもの」のなかで手に入りやすいものをかんたんにご紹介しましたが、
まだまだ「理気」の作用のある食材はいろいろあります。

 

今はネットでもたくさん情報が手に入りますので、ぜひ検索してみてくださいね。

気滞によって起きている体の状況によってもベストな食材の選択がかわることもありますので、
そのへんが興味ある方は、ぜひ薬膳などを学んでみると良いと思います。

 

*****

 

まんまる堂は自分があまり料理は得意じゃなくて食べる専門。
そのため薬膳教室は開催していませんが、薬膳以前に基本となる中医学講座は
随時リクエスト開催しております。

 

ご希望の方が3人以上集まった時点で随時開講いたします。
興味がある方がいらしたら、ぜひ下記よりお問い合わせください。

 

 

ご予約 ・ お問い合わせは こちら

まんまる堂鍼灸治療院

家 栃木県宇都宮市若草5-2-15

携帯 TEL: 080-3710-4695 

施術中は電話にでることができません。

留守番電話にメッセージを残していただくか、ショートメールにてご連絡下さい。

ラブレターMAIL: mail@manmarudo.com

facebook FB : https://www.facebook.com/manmarudoharikyu/

FBをご利用の方は、上記URLの治療院ページからメッセージを送っていただけます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください