妊活と鍼灸と栄養療法

ニコニコまんまる堂からのお知らせ ニコニコ

12月12日(木) 中医学講座 スタートします。
まんまる堂鍼灸治療院での対面講座とオンラインでのリアルタイム受講ができるよう計画中です。
全12回。ゆっくりと実際の臨床の話も交えながら進めていきます。→ お申込みはこちらから

12月28日(土) 治療院ヨガ 年末年納めスペシャル
通常は60分で開催している治療院ヨガですが、年末だけ90分かけてしっかりと身体を使っていきます。
今回は冬に関係が深い足の少陰腎経の経絡をケアするヨガをやっていただきます。
今年も1年無事に働いてくれたご自身のお身体をぜひレストアしにいらしてください。

 

宇都宮市で女性の健康をナビゲートする鍼灸マッサージ治療院 まんまる堂です。
生理不順 ・ 生理痛 ・ 不妊 ・ 妊活 ・ 妊娠期 ・ 産後 ・ 更年期以降をサポートします。

栄養療法

今日は、不妊治療について書いてみたいと思います。

鍼灸で不妊治療の臨床に関わるようになってから7年目。
鍼灸での不妊治療希望でご来院くださるほとんどの患者様が鍼灸治療にいらしてくださるのは、「西洋医学での治療で思ったような成果が得られない時」です。

かなりタイトなスケジュールでホルモン治療を続けるクリニックもあるようで、場合によっては鍼灸にいらしてくださった時点で、すでに身体にかなりにご負担がかかっていると思われるケースもあります。

 

この辺は、患者様にお聞きしているといろいろなクリニックがあるようです。
治療の合間に定期的にお休みの周期を入れるクリニックも多いのですが、この「定期」がクリニックによって違うようです。
患者様のお身体も個人差があるので、どのくらい開ければいいとかいうのは一概には言えないのかもしれませんけど、かなりタイトなスケジュールで治療を繰り返すクリニックもあるようですね。

 

*****

不妊治療は開始するときの患者様の年齢も大いに考慮する必要があるので、必ず!ではないのですが、個人的には西洋医学の治療を始める前、そうでなくても同時スタートで鍼灸にいらしていただきたいと考えています。

 

鍼灸でお手伝いできるのは、「妊娠に特化して強化する体作り」ではありません。
「妊娠も可能な、健康な身体のベースアップ」だとまんまる堂は考えています。

鍼灸での不妊治療をご希望の患者様には、体質改善をご希望の患者様と同様で、治療開始時、最低でも週1~10日、1回のペースでの治療をお勧めしています。

長年に渡って作ってきた体質を改善するのに、月1回とかでは正直なところ無理です。

 

「鍼灸をやっていれば妊娠できるとはお約束できません。」
「でも、万が一、妊娠できなくても少なくとも治療を開始する前よりもお身体の状態はよくなるはずです。」

そうお伝えして治療を開始します。
いまの医療では「これをやれば100%妊娠します」と約束できる方法は確立されていません

個人差があるので必ずではありませんが、目安はまず3ヶ月。
そのくらい経って、「そういえば」ともともと感じていた不定愁訴がなくなるのを感じたりするようになって体調の変化を感じるようになってから西洋医学の治療をスタートしていただければと、いつも思っています。
(この間に妊娠なさる方もいらっしゃいます)

 

*****

その間、並行してハーブやアロマ、足湯、そしてお灸を用いての毎日のセルフケアなどもお勧めしていましたが、ここ1~2年くらい、特にお勧めしているのが「栄養療法」です。

まんまる堂も2016年から勉強を始めています。

分子栄養学やオーソモレキュラーとも呼ばれる方法です。
最近、テレビなどでも取り上げられることもありますが、現代の日本人はいわゆるカロリーがふそくする「栄養失調」な人はそんなにいないと思いますが、特定の栄養素が失調する「新型栄養失調」という状態の方が多く見受けられます。


「新型栄養失調」

簡単に言えば、ミネラルであったり、ビタミンであったりの中で特定の栄養素が不足した状態があると身体の代謝などの回路が上手に機能せず、心身にいろいろな症状が出てくる状態のことをいいます。「栄養欠損」と言ったほうがわかりやすいかもですね

身体でホルモンを作るのにも栄養はかなり重要なファクターです。
体調の変化は自覚できていなくても、ホルモンを身体で生成するまでの回路に必要な栄養素が足りなくなっているケースもあります。

普通の健康診断ではそこまでやらないような詳細な血液検査の結果に基づき、不足しているミネラルやビタミンを補っていく療法です。
その過程で、しっかりと栄養を吸収しやすいよう胃や腸のケアも行います。

栄養療法も鍼灸などと同じで「飲んで翌日見違えるように元気」にはなりません。
ある程度、変化が見えるまで3~4ヶ月はかかると思います。

栄養療法も鍼灸と同じで少し時間をかけて、身体のベースアップをしていくものです。

ここのところ、栄養療法を取り入れて体外受精をされてた患者様とお話したり、過去に栄養療法を取り入れて不妊治療をなさった方とお話していて出てくるのは

「体外受精の結果で、卵子の質がすごく良くなった」という話。

まんまる堂がお話を聞いた方は、栄養療法を取り入れて体外受精の採卵をなさった時点が39歳~43歳までの方です。
そのうちの何人かの方は結果に繋がり、すでにお子さんをお持ちです。

*****

不妊治療はとにかくお金がかかります。
栄養療法も決して安くないです。
ただ鍼灸も栄養療法も基本的に「体質の改善」をする治療なので、身体に負担をかけずベースアップをしていく治療です。
ここで心身の調子を整えて、ホルモン剤などで体に少なからず負担がかかる治療を最短で駆け抜けてほしい、まんまる堂はそう考えています。

たまに目的が「妊娠」になってしまっている方もいらっしゃいますが、「妊娠」することはとりあえずの目的であっても最終的な目的ではないですよね?

「妊娠」したら「出産」までしたい、「出産」したらその後長く続く「子育て」があります。

元気に子育てができる身体づくりまでに繋がるのが、鍼灸であり、栄養療法ではないかなとまんまる堂は考えています。

 

*****

とはいえ・・・
上にも書きましたがお金がかかることですので、強要したりはしないのでご安心を。
情報として、使っていただければと思います。

そして、栄養療法はとてもすごく個体差がある療法です。
ビタミンやミネラルを摂取し始めて、びっくりするくらい短期間で劇的に変化を感じられる方もいらっしゃれば、じんわりと変化する方も。
スタート時点での消化吸収がどのくらいできる身体かや栄養状況などにより必要なサプリの量や効果が出るまでの時間に差異があったりします。
加えて、サプリの選び方も重要だったりします。

これを読んで「サプリ摂ればいいんでしょ」と思って自己流でそのへんで売っているサプリを適当に摂ったりせず、より効率よく短期間で効果をだせるようにぜひ専門の医師のところで進めてくださいね。

何ごとも「蛇の道は蛇」。
専門家はきちんと勉強していて、最良の方法を提供してくれるはずです。
その知識や技術を受けることに対価を払うのを嫌って、生兵法でかえって時間やお金を使うようなことがないようになさってくださいね。

そして、不妊治療は年齢もすごくその成否に関与するのも周知の事実です。
スタート時の年齢によってやればいいことも変わってきます。

もちろん西洋医学ので治療をスタートした後の鍼灸治療のご希望にも対応しています。

上に書いたのは、あくまで自然療法や栄養療法も学んでいる鍼灸師であるまんまる堂から見た考え方です。参考になることがあれば、嬉しいです。

 

ご予約 ・ お問い合わせは こちら

まんまる堂鍼灸治療院

家 栃木県宇都宮市若草5-2-15

携帯 TEL: 080-3710-4695 

施術中は電話にでることができません。

留守番電話にメッセージを残していただくか、ショートメールにてご連絡下さい。

ラブレターMAIL: mail@manmarudo.com

facebook FB : https://www.facebook.com/manmarudoharikyu/

FBをご利用の方は、上記URLの治療院ページからメッセージを送っていただけます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください