まんまる堂が「一度病院に行ってみてください」と言うとき

宇都宮市で女性の健康をナビゲートする鍼灸マッサージ治療院 まんまる堂です。
生理不順 ・ 生理痛 ・ 不妊 ・ 妊活 ・ 妊娠期 ・ 産後 ・ 更年期以降をサポートします。

勉強中画像

まんまる堂にいらしてくださったのに
「一度、病院で検査してもらってください」
とお願いすることがあります。

それはどんな時なのかを今日は書いてみたいと思います。

*****

「あなた達は診断をすることはできない。」
「というか、しちゃいけません」

医師以外の医療系国家資格をお持ちの方々は、表現こそ違えど、このことを叩き込まれているはずです。
日本の法律の中で「医療」に関する「診断」をしていいのは医師だけ、となっているからです。

ですので、気づいてない方も多いと思いますけど、まんまる堂も患者様の症状について話をする時に

「○○の可能性が高いかな~
「○○かもしれない
(※ここでいう○○は、病名というか、診断名 のこと)

という可能性を含める表現にとどめています。

*****

とはいえ。
患者様が訴える症状がどんな状態で起きているのかの推測ができていないと施術ができません。

なので、まずは問診や触診、かんたんな検査法を行わせていただきます。

その結果として
「鍼灸」や「マッサージ」の適応であると考えられる症状に関してはもちろんそのまま施術をさせていただきます。

ただ、その中で以下のケースでは病院に行くことをお願いすることがあります。

  • 鍼灸よりも西洋医学的な治療を優先したほうがいい可能性がある場合
  • 西洋医学を併用したほうがより早く楽になると思われる場合
  • 鍼灸施術でも対応できるけど、レントゲンやCT、MRIなどで正確に病態を理解しリスクを把握したい場合
  • 重篤な疾患である可能性を示す症状等がある場合

などなどです。

一番最後の「重篤な疾患である可能性を示す症状などがある場合」は、ほとんどのケースでは「そうではない」ことが多いです。
逆に言えば重篤な疾患ではない」ことを確認していただくために、病院を受診してきていただくようお願いしています。

治療院には「西洋医学が嫌いだから東洋医学で」とご来院くださる方もいらして、病院へ行くことをお勧めするとがっかりされてしまうケースがあったりします。

ただ申し訳ありませんが、まんまる堂自身が「東洋医学至上主義」ではなく、患者様には西洋医学と東洋医学のそれぞれの良いところを上手に使い分けていただきたいと考える人間なため、今後も必要に応じて病院の受診をお勧めすることがあります。

もちろん、なんでもかんでも「病院で検査してきて」とお願いしているわけでもありませんので、
「まんまる堂に行くと、病院に行けと言われる」という心配も不要ですので安心してくださいね。

*****

これまでも何回か書いてきましたが、
鍼灸マッサージの国家資格を取得するための学校では西洋医学の基礎的な知識をみっちりと叩き込まれます。

通う鍼灸学校によって、そのへんの勉強をさせられる量が違ったりするのは卒業してから知りました。
まんまる堂が通った学校は、校長が医師でクリニックも併設されている学校だったせいか、特に西洋医学系にも力を入れていたようです。

3年間の勉強の半分かそれ以上の時間を西洋医学の解剖学、生理学、診断学、衛生学、疾患についての勉強に費やしました。
入学当時は「東洋医学を学びに来て、なんでこんなに西洋医学ばっかりなの?」とブツブツ愚痴ってました。
「脳の中のこととか知らんでも鍼打てるし」とか、ですね(苦笑)

いまとなれば、その勉強の意味とありがたさをヒシヒシと感じていますけどね。

鍼灸マッサージ師は、いわゆる血液検査やレントゲンなどの検査方法をもちません。
そのため、検査の数値に関する学びよりも、問診や症状から「潜んでいる疾患」を推測するための学びが多かったように思います。

それらは患者様に、より適切な医療を受けていただくためのもの。
重篤な疾患の可能性が潜んでいる患者様を「鍼灸」で引っ張ることなく、適切な診断・治療を受けていただけるようにという学びであったと思っています。

*****

学校という場所を離れ、7年。
情けない話ですが、日常的に出会う機会がない疾患についての細かいことはどんどん忘れていってる自覚があります。

でも
鍼灸院というのは、ある意味、細かく科が別れている病院の医師よりもいろいろな症状の患者様を見させていただく可能性がある場所。

こんなことを書くのもなんですが、潜んでいる「すべて」の疾患を見つけられる自信はありませんし、できるなんて言えません。
でも、ゆっくりと時間をとって施術ができる、治療院であればこそ、見つけられるものもあると感じています。

そして、「疾患である可能性」を見つけてしまった時。
それをきちんと患者様にお伝えして、納得して病院を受診していただける説明ができるよう、まんまる堂自身の基礎的な医学の復習や(ガセではない)新しい情報をアップデートしていく努力をする必要を感じています。

*****

そんなわけで、(それほど数は多くありませんが・・・)
「ちょっと病院で医師に診断してもらってきてほしいんだけど」
とまんまる堂がお願いした場合、ぜひご協力いただけますと助かります。

その機会に遭遇したときは、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ご予約 ・ お問い合わせは こちら

まんまる堂鍼灸治療院

家 栃木県宇都宮市若草5-2-15

携帯 TEL: 080-3710-4695 

施術中は電話にでることができません。

留守番電話にメッセージを残していただくか、ショートメールにてご連絡下さい。

ラブレターMAIL: mail@manmarudo.com

facebook FB : https://www.facebook.com/manmarudoharikyu/

FBをご利用の方は、上記URLの治療院ページからメッセージを送っていただけます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください